私どもが、ここ島根西部の益田でお醤油をつくりはじめて100年が経とうとしています。

お醤油は、それぞれのご家庭のレシピに根ざし、毎日使われるもの。だからこそ長く、お子さんからお孫さん、またその次の世代へと、時代を超え、それこそ100年先までお使いいただきたいと考えております。

 

私ども丸新醤油醸造元では、お醤油の原料となる大豆と小麦を発酵堆肥をもちいて自家栽培しております。生産者の責任として、自分たちが目の届く規模に絞って精魂を込めることで、次の世代にまで安心してお薦めできるものを提供していこうと日々奮闘しております。そうして送り出すお醤油を、想いを同じく、世代を超えて100年使っていただける皆さまとぜひとも分かち合いたく、僭越ながら末永い関係性を築いていけたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

合資会社 丸新醤油醸造元

代表 大賀 進